政治的な意志

 世論は少なくとも政治的な意志[#「意志」に傍点]の形態を持っている。之に反して所謂ジャーナリズムは一般感情[#「一般感情」に傍点]の形態をしか持たない。そこにはその限り、イデオロギー的[#「イデオロギー的」に傍点]構造が欠けている。世論は自分のイデオロギー性を隠蔽[#「隠蔽」に傍点]したが、今やジャーナリズムは自分のイデオロギー性に対して無関心[#「無関心」に傍点]に見える。だが、所謂ジャーナリズムと雖もなおまだ中枢感覚的[#「中枢感覚的」に傍点]な一般感情に立っていた。処がこの中枢感覚がより抽象化され一般化されると、夫は末梢感覚[#「末梢感覚」に傍点]に訴える処のトリヴィアリズム[#「トリヴィアリズム」に傍点]となるのである。トリヴィアリズムは人間の抽象的諸感覚―― Sensation ――に立っているから、それだけ抽象的な外面的な一般性を有つわけである。市井的な一般性を覘おうとする資本主義新聞が、ジャーナリズムの名の下に、実はこのトリヴィアリズムをも併せ採用するようになっているのは極めて自然でなくてはならぬ。――ジャーナリズムはイデオロギーに対して無関心であった。処がトリヴィアリズムはこの無関心に、末梢的な抽象感覚―― Sensation ――を盛ろうとする。センセーション[#「センセーション」に傍点]はイデオロギーに対する積極的な回避であり、イデオロギーに対する阿片的効果を覘う(ここに却って一種のイデオロギー性を見逃してはならない)。かくて資本主義下の新聞は、もはやイデオロギーとしてのイデオロギーの機関でもなければ、世論の機関でもなければ、ジャーナリズムの機関でもなくなって、最も抽象的な非政治的な、超イデオロギー的に見える、良く云えば普遍人間的な、センセーションの機関[#「センセーションの機関」に傍点]となるのである。今日、新聞が次第に政党新聞でなくなりつつあるのは取りも直さず、今云ったような運動の結果に外ならない。それはもはや、人々の云うような、新聞の報道化[#「報道化」に傍点]なのではなくて実は新聞の報道価値化[#「報道価値化」に傍点](ニュースヴァリュー化)であるが、夫が新聞のセンセーション化の外の何物でもないのである。そして、このセンセーションを単にセンセーションとして徹底したものが、トリヴィアリズムだったのである。かくて所謂世論や所謂ジャーナリズムを未だに信じている処の、大新聞――日本に於ける四大新聞――は、トリヴィアリズムを信奉する処のキング式な低級新聞に於て、その有力な対立物を見出さざるを得なくさえなって来るのである。

— posted by id at 05:55 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.3054 sec.

http://bp84.com/