小屋を出るとすっかり夜だった

[#6字下げ]五[#「五」は小見出し]

 小屋を出るとすっかり夜だった。盛り場の灯がチリチリと冷たく、輝いていた。 豹一は薄暗い電車通に添うて、谷町九丁目の方へ帰って行った。 下寺町の坂下まで来ると、急にぱっと明るくなった。停留所の前のカフェのネオンが点滅しているのだった。 うなだれていた顔をあげて、ふとその方を見ると、真っ白に白粉をつけて、カフェの入口に立っている女の視線と打っ突かった。「お兄さん。おはいりやすな」女は眼のまわりに皺をつくって、笑った。その笑いがネオンの色に、赤く染まり青く染った。 豹一はあわてて視線をそらし、寒々とした気持で坂を登りかけたが、だしぬけに、(あの女を口説いてやろう)と、変なことを思いついた。 豹一はひきかえして、カフェのなかへはいって行った。入口に立っていた女が傍へ来た。 豹一はぱっと赧くなった切りで、物を言おうとすると体がふるえた。呆れるほど自信のないおどおどした表情と、すべての女に対する嫌悪と復讐の気持に凄んだ表情を、交互にその子供っぽい美しい顔に泛べながら、豹一はじっと女を見据えていた。 その夜、その女は豹一のものになった。自分から誘惑して置いて、「お前は馬鹿な女だ」と、言ってきかせ、醜悪に固くなっている女のありさまを、残酷な快感を味いながら、じっと見つめた。そして、女をさげすみ、自分をさげすんだ。女は友子といい、豹一より一つ年下の十九歳だった。初心だが、醜い女だった。「こんなことになったら、もうあんたと別れられへんわ」乾いた声で言った。なにか哀れだった。 豹一はふと、多鶴子もこんな哀れなありさまを矢野に見せたことがあるのだろうかと、辛い気持で見ていた。

— posted by id at 01:23 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1780 sec.

http://bp84.com/