私たちの友情は実に美しく

 この期間の私たちの友情は実に美しく、高いものであった。生への宗教的思慕と、文学的探究心と、そして知性ある情熱とが友情を裏づけていた。私たちの思索、なやみ、実践への方向は少なくとも人生の最高のものを、最も虔《つつ》ましい態度において志向していた。 二十二、三歳から二十七、八歳までの血潮多き青年同志が、そのひたむきななやみに充ちた生をこれだけ知性ある友情によって支え、清き自律をもってしめくくりえていることはまれなのではあるまいか。 ともかく私はこれらの手紙を読み返して、その Leiden がまともに人性的であることと、心術が世俗の濁りに染んでいないことと、解決を求める仕方が深く、高くモラルを堅持している点において、今の若き世代に感染してもいいものではないかと思うのである。 なぜなら今は世をあげて、戦争や経済的改組の問題に忙殺されているように見えるが、やがて日本にも、世界にも新しき神学的時代が来ねばならぬことを私は予感しているからだ。 人類はその生活をも一度ラディカルに見直さねばならない。民族国家の問題、経済革命の問題もその根本を一度神学的に批判されるのでなければ、全人類を福祉あらしめる恒久の平和の原理を見いだすことは不可能であろう。一つの民族の光栄とはそれが天の栄えをわかつ時にのみ光栄なのである。 この本が「ある神学青年の手紙の束」と傍題されたのは、その内容が広き意味におけるセオロジカルな課題として人生を考え、取り扱っているからである。 実際に私は、集中の一つの手紙が示しているように、ある時期には、カトリックの僧侶たらんと欲していたのである。「青春の息の痕」というのは、涙の痕《あと》が手紙に残ってるように、菩提樹《ぼだいじゅ》に若き日にナイフで傷つけた痕がいつまでも残ってるように、青春の苦悩の溜息《ためいき》の痕を示すという意味である。 もとよりこの手紙集はそれらの解決に応《こた》えるためにあるのではない。しかし生と人間性の根本を神学的に考えとらえんとする志向と感情とを示唆《しさ》しうるであろう。

— posted by id at 01:26 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1634 sec.

http://bp84.com/