[ カテゴリー » 日 記 ]

天使的要求と性の要求

 天使的要求と性の要求とのドウアリスムスのための悩みに私は平安を失っています。そして私のこの頃の思索は「いかにしてこの両者を同時に肯定すべきか」という問題に集注しているのです。聖書の創世記には神はアダムとエバを創りてこれをよしと見給いきと録してあります。神の創り給いしものが、神の聖旨のままに連るなら...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:42 pm  

経済の問題

 病気のことや経済の問題は除いても私は性を十分に肯定することができかねるような考え方になっているのです。それは私の宗教的気分から来るのです。昔から多くの聖者たちが女から遠ざかったように、私にも天の使のようになるためには性を超越せねばならないような心地もします。元来生物の自己認識から起こる愛であり、愛...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:41 pm  

ペラダンの「アッシジのフランシス」

 ペラダンの「アッシジのフランシス」はまだ読みません。この人についてはこれまで私は何事も知りませんでした。フランシスのものは少しは読みました。私はこの聖者を取扱った戯曲を数日の内に読み始めましょう。ことにフランシスとクララとのことに注意をおいて読みましょうとおもいます。私の心の混乱するのはまったく神...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:41 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0681 sec.

http://bp84.com/