ドストエフスキーの感化の中にあって

   ドストエフスキーの感化の中にあって、祈りと人間同志の従属感にぬれていたころ

 私は今朝《けさ》最近に私の周囲に起こった事件のために悲しく、淋しくされた心で寝台に仰臥しておぼつかない、カーテンを洩るる光のなかに病むものの悲哀にうちしおれていました。硝酸銀でやかれたので傷が痛みます。耐え忍ぶこと...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:32 pm  

私の主要問題は愛と運命とです

 けれどもそれも神のみ心でないならばいかになるかわかりません。さきのことはとてもわかりません。 私はこの二、三年の引き続いての苦難によってたいへん試練されました。そして私の心のなかの虚栄心がどれほど焚き殺されたか知れません。私は運命に甘える心、おのれに媚《こ》びるすべての思想感情をば神前に釘づける...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:32 pm  

生を呪わぬ心

 大正四年(一九一五)

   生を呪わぬ心

 あなたへお手紙をあげようと毎日思って、まだ得書かないうちに私はまた不幸に訪れられました。私は明後日また第三度目の手術を受けなければならないことになりました。肉体的苦痛に対する不安と恐怖との人並以上に強い私は、今それに抵抗するために、精神を緊張させねば...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:31 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0113 sec.

http://bp84.com/