霊の生活へ

  霊の生活へ

 雑誌たしかに受け取りました。ありがたく存じます。私の文章の処置についてはともかくもあれでかまいません。安心して下さい。私のからだは日に日に快方に赴きますから喜んで下さい。この頃は永遠への思慕を痛切に感じて読んだり考えたりしています。女の内容なき幻であることは私に非常にたしかになり...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:29 pm  

孤独の部屋

   孤独の部屋

 私は二、三日前からここで暮らしています。ここは備後《びんご》の南端にある、小さな港です。私は深い淵《ふち》のように湛《たた》えた海にのぞんだ、西洋風の部屋を約束しました。この部屋から見ると静かな湾は湖のように思われます。向こうの方に眠るがごとく薄々と横たわった山脈の空は、透き通...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:29 pm  

退学直後

 大正三年(一九一四)

   退学直後

 あなたはどんな正月をしましたか。私には色も香もない正月が訪れました。東京から下って来た妹と語る言葉さえ少なく、静粛な平和な初春を迎えました。六日の一夜風の寒い神戸駅から淋《さび》しそうにして妹が立ってからはまた急に淋しくなりました。しかし私は淋しさにはな...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:28 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0117 sec.

http://bp84.com/