退学直後

 大正三年(一九一四)

   退学直後

 あなたはどんな正月をしましたか。私には色も香もない正月が訪れました。東京から下って来た妹と語る言葉さえ少なく、静粛な平和な初春を迎えました。六日の一夜風の寒い神戸駅から淋《さび》しそうにして妹が立ってからはまた急に淋しくなりました。しかし私は淋しさにはな...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:28 pm  

友情のために

 青春においては、むしろ、その考え方、感じ方が解決よりも重要なのである。 恋のためではなく、友情のために、私がこのように長い細々とした手紙を書く時期はもう永久にないであろう。が私がそのような手紙を宛てた久保正夫君は、京都大学を卒えて、同志社大学に君独特のスタイルでのフィヒテ哲学を講じつつあった間に...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:27 pm  

私たちの友情は実に美しく

 この期間の私たちの友情は実に美しく、高いものであった。生への宗教的思慕と、文学的探究心と、そして知性ある情熱とが友情を裏づけていた。私たちの思索、なやみ、実践への方向は少なくとも人生の最高のものを、最も虔《つつ》ましい態度において志向していた。 二十二、三歳から二十七、八歳までの血潮多き青年同志...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:26 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0110 sec.

http://bp84.com/