ペラダンの「アッシジのフランシス」

 ペラダンの「アッシジのフランシス」はまだ読みません。この人についてはこれまで私は何事も知りませんでした。フランシスのものは少しは読みました。私はこの聖者を取扱った戯曲を数日の内に読み始めましょう。ことにフランシスとクララとのことに注意をおいて読みましょうとおもいます。私の心の混乱するのはまったく神...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:41 pm  

静かな、知性ある友情の慰め

   静かな、知性ある友情の慰め

 あなたからのかずかずのやさしいすぐれた手紙や、小包み、雑誌などはみな残らずたしかに落手いたしています。そしてそのたびごとにあなたの熱い真心を深い感謝と、そしてときには涙をこぼしてのよろこびをもって受け取りました。あなたは私の長い沈黙にさぞさぞ物足りなくお感じなさ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:40 pm  

トルストイの性欲に関するエッセイ

 私は先日トルストイの性欲に関するエッセイを読みました。そして女性を純な心で愛せんがための煩悶を共にいたしました。それは私の失恋して以来の不断の問題なのです。そして彼が絶対の貞潔を理想としながら「結婚して貞潔を守れ」といったのを、自己を知った意見と思って同感いたしました。聖パウロが「人おのおの淫行を...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:40 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0118 sec.

http://bp84.com/