隠遁への思慕

  隠遁への思慕

 私は心がおちつかなくて、あなたに永い永い間御無沙汰してしまいました。私はどうも別府に来てから以来、心に平静と安息とを感ずることができなくて、いつも心が動揺しています。この頃は気まぐれな天候にて、ちらと青空が見えたかと思えば、すぐに曇って雨となったり、風がひどく吹いてにわかに寒く...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:39 pm  

ヘレン・ケラーの事

  ヘレン・ケラーの事

 私の手紙に行き違いにあなたのお手紙が参りました。私のことを自分のことででもあるようによく考えてくださいました。私も無理に東京に出なくてもよろしいのですけれど、自分らと尊い営みを共にする人々と、朝夕往復のできるようなところに住みたく思いました。しかしあなたのおっしゃるように...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:38 pm  

妹の健康は異情を呈しました

 けれど私にはここにも十字架が待っていました。宿に来てからは妹の健康は異情を呈しました。それは山の上には風寒く北向きにて日あたり悪しくまたあまりに寂寞《せきばく》なるためでした。妹は何となく不幸そうに見えました。そして外は風雨の烈しく樹木の鳴る夜に寒そうな淋しそうな顔をして少しは燈火の美しいところへ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 01:37 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0128 sec.

http://bp84.com/